Roonee 247 Fine Arts(ルーニィ・247ファインアーツ)

Exhibition

略歴
1966年京都生まれ。京都在住。
2021年に初個展を開催。主にスナップとポートレートを撮り続けている。
Gallery Room305メンバー

https://www.shinyaishida.com

個展
2021 One Fine Day BEATS|大阪
2022 ニライカナイ Gallery Room305|大阪
2023 RECOLLECTION/記憶 Gallery Room305|大阪

グループ展
2023 Trieste Photo Days festival|Trieste Italy
2024 路上のパロル/길 위의 파롤 Haeden Museum|韓国仁川

写真集、Zine
2021 OneFine Day(私家版)
2022 LIFE IS BEAUTIFUL(私家版)
     SUNNY DAY(私家版)
2023 OKINAWA SIGHTSEEING(moment)
     RECOLLECTION/記憶(305PRESS)

受賞歴
2018 日本写真家協会JPS展 入選
2019 TOKYO MODELS2019 AWARD シルバーフレーム賞
2020 TOKYO MODELS2020 AWARD シルバーフレーム賞
2023 URBAN Photo Awards2023 Selected

Room 1個展

RECOLLECTION / 記憶

石田シンヤ

会期:2024.07.18(THU)- 2024.07.28(SUN)

12:00-19:00(月・火・水 休み 最終日は16:00まで)

数年前、少し間違えると死に至るほどの事故に見舞われた。
数ヶ月に渡る入院の日々、もし僕がその事故で命を失っていたら、過去の記憶はどこかに消えていたのかもしれない。
病室で少しの寂しさと焦りを感じた。

奇跡的に生還できた僕とは反対に、妻はまったく予期しなかった病気で若くしてその人生を終えてしまった。
1年にも満たない闘病生活だった。
そして、妻の死をきっかけに、僕は女性の姿を撮るようになっていった。

これは妻を失ったあとの、僕の記憶の欠片である。
A few years ago, I suffered an accident that, had things gone slightly differently, would have resulted in my death.
During the months I was hospitalized, it seemed to me that if I had lost my life in that accident,
my memories of the past would have disappeared somewhere.
I felt a little lonely and anxious in the hospital room.

In contrast to my miraculous survival, my wife’s life ended at a young age due to an unexpected illness.
She had fought the disease for less than a year.
After her death, I began to take photographs of the female form.

These are fragments of my memory after losing my wife.

  • bnr_rooneesroombnr_rooneesroom
  • a%c2%82%c2%b9a%c2%82%c2%afa%c2%83aa%c2%83%c2%bca%c2%83%c2%b3a%c2%82%c2%b7a%c2%83%c2%a7a%c2%83%c2%83a%c2%83%c2%88-2024-04-05-14-46-14a%c2%82%c2%b9a%c2%82%c2%afa%c2%83aa%c2%83%c2%bca%c2%83%c2%b3a%c2%82%c2%b7a%c2%83%c2%a7a%c2%83%c2%83a%c2%83%c2%88-2024-04-05-14-46-14