Roonee 247 Fine Arts(ルーニィ・247ファインアーツ)

Event

水彩画ワークショップ 「Joy of Watercolor Painting」for Roonee

開催日:2022.07.02(SAT)

r0009977*本ワークショップは定員に達しましたので、募集を中止いたします。

この後はキャンセル待ちになります

色と遊ぶ

水と遊ぶ

自分と遊ぶ

安達ロベルトさんから学ぶ、水彩画ワークショップを始めます

::::ロベルトさんより::::

水彩画を始めたのはたしか21歳のときでした。なぜ水彩だったのかは覚えていませんが、ある日突然描きたくなったのです。かなり衝動的で直感的な選択でした。

小学生以来の水彩は、幼い頃考えていたよりもずっと繊細で、透明でした。

滲んだり乾いたり、意図通りにならないところがあるのですが、逆にそこに惹かれたのでした(その絵をどうしたかはワークショップでお話しします)。

それ以来、独学でテクニックを学び、ことあるごとに水彩を描きました。1日に絵葉書を300枚以上描いた日もあったし、本の挿絵や絵本の仕事などもしました。そして、展覧会を重ねるたびに、その豊かな色彩や偶然性に、ますます魅了されていきました。そんな水彩画の世界と、経験にもとづく私なりのセオリーを、惜しげなくシェアしたいと思っています。

まずはむずかしいことは抜きにして、色と、水と、自分と遊びましょう。目の前の絵に静かに集中し手を動かす時間は、まるで水晶のように美しい時間です。

安達ロベルト



◯ スケジュール

月1回 第一土曜日

10:00-13:00 7月〜10月の全4回

◯ 最大参加人数6名(最低遂行人数4名)

◯ 参加費 ¥37,000-

◯ 各回のテーマ

Day 1 水彩の魅力に触れる〜基礎を学ぼう
Day 2 思い出を水彩にする〜写真から描いてみよう
Day 3 表現の幅を広げる〜紙のちがいを楽しもう
Day 4 自由に描く〜写生に行くかも?!

◯ 講師 安達ロベルト

画家/写真家/作曲家

www.robertadachi.com

上智大学法学部国際関係法学科卒業、大学では難民問題を研究。

写真家としては、銀塩モノクロ写真制作を活動の核に置き、広告・エディトリアル等の分野でも撮影。

画家としては、水彩画を中心に近年は毎年個展を行う。絵本や書籍の挿絵も手がける。

ファインアートの分野で国内外で受賞多数。

作曲家としては、アルバム制作、ライヴ活動と並行して、演劇・ダンス・映像・テレビ番組等に楽曲を多数提供。

 

 

  • bnr_rooneesroombnr_rooneesroom